人気ブログランキング |

春爛満からのお知らせ他 徒然に

by haruranman2014

カテゴリ:内科関連( 5 )


姫路より来店。ストレスがかかると浮遊性の目眩で歩くことも怖くなる。めまい外来など数多くの病院に転々と渡り歩かれたが、一向に改善されない。夜になると不安にもなる。体型はやせ型である。ストレスの原因は仕事と家庭の問題。病院ではうつ病と診断されシルを常用。
夜になると動悸も酷くなる。便通も悪い。今まで内科に通っては辞めの繰り返しが続いている。不安からくる胃腸の原因は心血不足と考えます。幼少期より問題点は何か問題が起こると自分で抱え込み疲れて果てて考てしまう。人に嫌!と言えない考え方を心理カウンセリングでワーキング。心血の補給の為に漢方薬とプラセンタ製剤を処方。2ケ月位より夜の不安が解消し便通が日に日に良くなり、めまいの回数も減っていき、今では一人で出かけられるようになりました。顔色も凄く良くなられましたが、ご本人はまだ体調は6割くらいの調子しか戻っていないとの判断。ですが病院に行っても治らなかっためまいが6割も良くなった事を喜ばれていました。

漢方薬局「春爛満」では、 子宝相談(不妊相談)、子ども(子供)の漢方、腰痛、関節痛、脊椎管狭窄症、膝痛、神経痛、皮膚病、更年期障害。
さらに愛する犬や猫をはじめとするペットの漢方相談、 そしてお肌の美容相談も行っております。
姫路近辺はもちろん神戸地区からもご相談に来局される方は多いです。
また、煎じ薬を中心とした漢方薬も 取り揃えております。
お気軽にご相談下さい。
詳しい内容は、当店の公式ホームページをご覧下さい。
メールでの相談も24時間受付ております。
ホームページは(クリックしてね)↓↓
漢方薬局「春爛満」
ご相談は(クリックしてね)↓↓
フリーダイヤル 0120-442-566
TEL 0791-52-0363
営業時間:9時〜18時30分
定休日:日曜・祝日・水曜
住所:兵庫県赤穂郡上郡町駅前116

by haruranman2014 | 2019-03-31 23:22 | 内科関連 | Comments(0)
相生より来店された45歳女性。若い頃から頭痛。必ず耳の後ろ側がチクチク痛む。最初は市販の鎮痛剤でごまかしていたが、最近は血圧も高くなってきて、降圧剤を飲むようになった。頭痛は片側の時もあれば、両方の時もある。特に仕事で目を酷似した時や寝不足の時は症状が悪化する。様々な病院に行っても良くならず、和漢専門の漢方を使っても改善しない。
 
耳の後ろには三焦経が経絡として流れている事をお伝えして、必ず夜に耳に温灸を実施。疎肝作用の強い漢方薬をおすすめしました。2週間後位より痛みの兆しが表れても症状は軽く痛みの場所の移動がなくなる、1ヶ月後には耳の後ろ側の痛みが違和感へと変化。ずっと気になっていた金属音の耳鳴りも軽減。この頃より血圧も安定された。食生活で柑橘類や酢の物料理を出来る限り食べるよう(酢は肝の強張りを改善する。)ご配慮頂いた点も症状の改善につながったと思います。


漢方薬局「春爛満」では、 子宝相談(不妊相談)、子ども(子供)の漢方、腰痛、関節痛、脊椎管狭窄症、膝痛、神経痛、皮膚病、更年期障害。
さらに愛する犬や猫をはじめとするペットの漢方相談、 そしてお肌の美容相談も行っております。
姫路近辺はもちろん神戸地区からもご相談に来局される方は多いです。
また、煎じ薬を中心とした漢方薬も 取り揃えております。
お気軽にご相談下さい。
詳しい内容は、当店の公式ホームページをご覧下さい。
メールでの相談も24時間受付ております。
ホームページは(クリックしてね)↓↓
漢方薬局「春爛満」
ご相談は(クリックしてね)↓↓
フリーダイヤル 0120-442-566
TEL 0791-52-0363
営業時間:9時〜18時30分
定休日:日曜・祝日・水曜
住所:兵庫県赤穂郡上郡町駅前116

by haruranman2014 | 2019-02-28 19:58 | 内科関連 | Comments(0)

ホームページを見て、神戸より来店された38歳独身女性。。4年前職場のトラブルが原因で対人恐怖症に、仕事中も「もし、うまくいかなかったら!」の感情が強くなると息が苦しくなり、冷や汗が止まらなくなる。心療内科では向精神薬と眠剤2種類を処方されて1日も欠かさずに服用してきたが、最近、めまいや立ち眩みと恐い夢を頻繁に見る。漢方を使って今の病院薬を減薬したい。
 
コミュニケーションが苦手でまじめな性格の女性。痩せ形で 肌色は黄色、舌の淡白色で生理の周期は43日とかなり遅れがちでもある。心理的に「他人に迷惑をかけてはいけない!」認知思考が強い。朝は出来るだけ暖かい野菜スープと白米を中心に少ない量からでも食べるようにアドバイス!
3週間目から怖くて嫌な夢を見る事が少なくなり、眠剤のうち 1種類を廃薬、2ヶ月位よりトラブルがあっても発作が起きなくなり、向精神薬の3種類の内2種類を廃薬に成功 。
昔のトラウマに向き合う心理カウンセリングを今も受けられて、人目を気にせず、自分中心で見渡せるようになりなりました。


漢方薬局「春爛満」では、 子宝相談(不妊相談)、子ども(子供)の漢方、腰痛、関節痛、脊椎管狭窄症、膝痛、神経痛、皮膚病、更年期障害。
さらに愛する犬や猫をはじめとするペットの漢方相談、 そしてお肌の美容相談も行っております。
姫路近辺はもちろん神戸地区からもご相談に来局される方は多いです。
また、煎じ薬を中心とした漢方薬も 取り揃えております。
お気軽にご相談下さい。
詳しい内容は、当店の公式ホームページをご覧下さい。
メールでの相談も24時間受付ております。
ホームページは(クリックしてね)↓↓
漢方薬局「春爛満」
ご相談は(クリックしてね)↓↓
フリーダイヤル 0120-442-566
TEL 0791-52-0363
営業時間:9時〜18時30分
定休日:日曜・祝日・水曜
住所:兵庫県赤穂郡上郡町駅前116

by haruranman2014 | 2019-01-24 21:44 | 内科関連 | Comments(0)

やせ形で虚弱な35歳の女性。
悩みは手の冷え。ドラッグストアでアミノ酸を購入するも体感出来ずに来店。生理の量は少なく、生理周期は35日。夏でも娘さんから「ママの手は、いつも冷たいね」と手を握るのも躊躇してしまう。昔から夜になると不安になり眠れない。胃腸は強くなく体力がない。顔色も青白く、爪は割れやすくて甘皮も少ない。漢方でいう血虚体質。血不足は眠りにも影響を与えます。「柔肝養血」を目的とした漢方を1日2回服用。生活面では夕食の時間を繰り上げて、早寝の大切さをアドバイス。3ヶ月位より生理周期が良くなる。生理痛が楽になり、生理前の気持ちの落ち込みも無くなり、眠れるようになりました。勿論、手の冷えも改善し、安心して娘さんの手を握ることもできるようになりました。



漢方薬局「春爛満」では、 子宝相談(不妊相談)、子ども(子供)の漢方、腰痛、関節痛、脊椎管狭窄症、膝痛、神経痛、皮膚病、更年期障害。
さらに愛する犬や猫をはじめとするペットの漢方相談、 そしてお肌の美容相談も行っております。
姫路近辺はもちろん神戸地区からもご相談に来局される方は多いです。
また、煎じ薬を中心とした漢方薬も 取り揃えております。
お気軽にご相談下さい。
詳しい内容は、当店の公式ホームページをご覧下さい。
メールでの相談も24時間受付ております。
ホームページは(クリックしてね)↓↓
漢方薬局「春爛満」
ご相談は(クリックしてね)↓↓
フリーダイヤル 0120-442-566
TEL 0791-52-0363
営業時間:9時〜18時30分
定休日:日曜・祝日・水曜
住所:兵庫県赤穂郡上郡町駅前116

by haruranman2014 | 2019-01-24 21:36 | 内科関連 | Comments(0)

ホームページを見て、たつのから来店。39歳の女性。年齢とともに髪が細くなって髪のボリュームが気になる。ドラッグストアでアミノ酸製剤を購入していたが、瓶も大きく大変であることと効果を実感出来なかった。ストレスも多く「肌がカサカサ」「爪も弱くなった」などの悩みのある。胃腸は弱く、朝食は食べられず便秘も気になる。
漢方では「髪や爪は血の余りから出来ている」と考えます。この方は生理もやや遅れがちで生理の期間も短く、体を潤す為の「血(けつ)」が不足している血虚と考えます。血虚になると肌の乾燥だけでなく、腸を潤す事が出来なく便秘にもなります当帰を基礎にした漢方薬を飲み始め、数ヶ月で髪のボリュームを実感され、さらにずっと悩んでいた冷え性も当局にある漢方スチームを併用しながら改善されました。
 
 
漢方薬局「春爛満」では、 子宝相談(不妊相談)、子ども(子供)の漢方、腰痛、関節痛、脊椎管狭窄症、膝痛、神経痛、皮膚病、更年期障害。 
さらに愛する犬や猫をはじめとするペットの漢方相談、 そしてお肌の美容相談も行っております。  
姫路近辺はもちろん神戸地区からもご相談に来局される方は多いです。 
また、煎じ薬を中心とした漢方薬も 取り揃えております。 
お気軽にご相談下さい。  
詳しい内容は、当店の公式ホームページをご覧下さい。
メールでの相談も24時間受付ております。  
ホームページは(クリックしてね)↓↓ 
漢方薬局「春爛満」
ご相談は(クリックしてね)↓↓ 
フリーダイヤル 0120-442-566 
TEL 0791-52-0363 
営業時間:9時〜18時30分 
休日:日曜・祝日・水曜
住所:兵庫県赤穂郡上郡町駅前116

by haruranman2014 | 2018-12-05 22:20 | 内科関連 | Comments(0)