人気ブログランキング |

春爛満からのお知らせ他 徒然に

by haruranman2014

カテゴリ:皮膚病関連( 6 )

離乳食を生後6ケ月で初めて、3週間目位から乳児湿疹が頬、身体の薄い場所に出始める。顔、首回り、お腹の柔らかい場所、膝の裏側も酷い。病院の診断では脂漏性湿疹と診断され、アレジオン内服とロコイド外用を塗るように言われた。お風呂から出ると痒みが酷くなり、「今の治療では一向に良くならない」と当局で湿疹を完治した方からのご紹介で加古川市より来店。
 
舌を見るとわずかに熱を帯び、舌苔もある。
漢方では「食積湿生」と考えます。生まれた時より、腸も弱く、急に下痢をすることもあるとの事。赤ちゃんの場合は大人と違い消化器官の弱りから湿疹に繋がる事があります。漢方は赤ちゃんでも飲める漢方薬と乳酸菌製剤をお勧めしました。服用開始、2週間で膝の裏、お腹の紅斑はほぼ半分以下に緩和。4週間でほぼ完治。お腹のトラブルも無くなりました。使った漢方薬のグラムは1グラム以下、母親から「苦くなく服用量も多くなく助かります」と話して頂きました。今は頬の乾燥のケアの為、口中に入っても安心な漢方薬配合クリームを使っていただいてます。


漢方薬局「春爛満」では、 子宝相談(不妊相談)、子ども(子供)の漢方、腰痛、関節痛、脊椎管狭窄症、膝痛、神経痛、皮膚病、更年期障害。
さらに愛する犬や猫をはじめとするペットの漢方相談、 そしてお肌の美容相談も行っております。
姫路近辺はもちろん神戸地区からもご相談に来局される方は多いです。
また、煎じ薬を中心とした漢方薬も 取り揃えております。
お気軽にご相談下さい。
詳しい内容は、当店の公式ホームページをご覧下さい。
メールでの相談も24時間受付ております。
ホームページは(クリックしてね)↓↓
漢方薬局「春爛満」
ご相談は(クリックしてね)↓↓
フリーダイヤル 0120-442-566
TEL 0791-52-0363
営業時間:9時〜18時30分
定休日:日曜・祝日・水曜
住所:兵庫県赤穂郡上郡町駅前116




by haruranman2014 | 2019-05-30 19:33 | 皮膚病関連 | Comments(0)
ホームページを見られ、加西より来客の36歳女性。元々冷え性体質が生理が遅れがちになってから (周期37日)酷くなった。日頃から軟便でお腹が冷えてる感じがする。疲れやすく胃も痛くなりやすく、最近ではガスターを服用しても効かない。不正出血が頻繁にある。一番辛いのは昨年の夏から寛解と憎悪を繰り返すお風呂上がりに発症する背中、腕の内側の湿疹。薬はザイザルとテルモベートの外用だが良くならず、根本より改善したくて来店。
 
 
この方は食べると体調が辛くなるタイプの方。胃腸が弱いとエネルギーが不足しやすく、身体全体を温める陽気の力が低下します。皮膚の病気と体の内面は関連性が強いと考えます。この方の場合、お腹を温めながら様子を見ました。処方した漢方で服用から1ヶ月でお腹が痛くなることは無くなる。身体の疲れも楽になり少しずつ散歩も出来るようになりました。2ヶ月より朝の通じも形状のいい便になりました。その頃より皮膚の状態もかなり改善されて、背中の湿疹は無くなりました。お風呂上がりなどの湿疹は体内に停滞している「湿」が原因である事が多く、散歩など昼間に汗をかく習慣が体質を変えるきっかけになりました。





漢方薬局「春爛満」では、 子宝相談(不妊相談)、子ども(子供)の漢方、腰痛、関節痛、脊椎管狭窄症、膝痛、神経痛、皮膚病、更年期障害。
さらに愛する犬や猫をはじめとするペットの漢方相談、 そしてお肌の美容相談も行っております。
姫路近辺はもちろん神戸地区からもご相談に来局される方は多いです。
また、煎じ薬を中心とした漢方薬も 取り揃えております。
お気軽にご相談下さい。
詳しい内容は、当店の公式ホームページをご覧下さい。
メールでの相談も24時間受付ております。
ホームページは(クリックしてね)↓↓
漢方薬局「春爛満」
ご相談は(クリックしてね)↓↓
フリーダイヤル 0120-442-566
TEL 0791-52-0363
営業時間:9時〜18時30分
定休日:日曜・祝日・水曜
住所:兵庫県赤穂郡上郡町駅前116




by haruranman2014 | 2019-05-30 19:31 | 皮膚病関連 | Comments(0)
SNSを通じて、新潟県在中の女性からのご相談。もう何年も手湿疹が良くならず、指先に亀裂が入り痛い。仕事はペットショップ。水をよく使い、指絆創膏が離せない。痛くて拳を握る事が出来ない。皮膚科ではステロイド外用剤(ジフラール)のみで一時的に良くなるが、また悪くなるの繰り返しで効果を実感出来ない。
女性の手湿疹を診る際の判断は寒、熱です。
つまり、指が冷えている状態の寒、炎症である熱(熱毒、湿熱)を見極める事がポイントです。今回の女性は生理の周期が長く、乾燥肌。中医学の考えでは血虚の状態。血の役割に潤養作用があります。つまり血が不足すると肌が乾燥したり、大腸も乾きます。それが指の潤い不足やバリア機能低下で、湿疹になったり、便秘になります。この方には手の湿疹改善に血液を増やす漢方を処方。服用開始14日目、指先の冷え改善を実感。30日目、指先の亀裂が無くなり、強く拳を握っても違和感が無い。45日目、7年ぶりに潤いある指先に回復されました。同時に身体全体の冷えも改善され、同僚からは若々しくなったと言われることが増えました。
 



漢方薬局「春爛満」では、 子宝相談(不妊相談)、子ども(子供)の漢方、腰痛、関節痛、脊椎管狭窄症、膝痛、神経痛、皮膚病、更年期障害。
さらに愛する犬や猫をはじめとするペットの漢方相談、 そしてお肌の美容相談も行っております。
姫路近辺はもちろん神戸地区からもご相談に来局される方は多いです。
また、煎じ薬を中心とした漢方薬も 取り揃えております。
お気軽にご相談下さい。
詳しい内容は、当店の公式ホームページをご覧下さい。
メールでの相談も24時間受付ております。
ホームページは(クリックしてね)↓↓
漢方薬局「春爛満」
ご相談は(クリックしてね)↓↓
フリーダイヤル 0120-442-566
TEL 0791-52-0363
営業時間:9時〜18時30分
定休日:日曜・祝日・水曜
住所:兵庫県赤穂郡上郡町駅前116

by haruranman2014 | 2019-05-07 20:48 | 皮膚病関連 | Comments(0)

皮膚病が当局で良くなられた方からのご紹介。身長165cm、体重54㎏ややがっしり系の21歳の女子大学生。全身に痒みと乾燥が目立つ。昔からアトピー体質と言われている。プロトピック軟膏(免疫抑制外用剤)を使っている。とにかく汗をかきやすく、その都度痒みが強くなる。食欲はあるが疲れやすい。大学生で論文を控え、プレッシャーが辛くなると甘いものを過食してしまう。水分もただ悪戯に飲んでしまう傾向がある。皮膚も滲出液とびらん、その後に乾燥を繰り返す。便通はほぼ毎日あるが、すっきりしない。
 
皮膚を見ていく上で大切なポイントは消化器系のエネルギーである脾気です。彼女の場合はそれが弱かったのです。胃腸の機能を上げる漢方薬と汗の調節をする漢方薬をまず1週間使用。便通が段々正常になり、ずっと悩んでいた頭重と足の浮腫みが改善。次は潤いを与える漢方に変更して現在に至ります。まだ所々に乾燥、痒みが残りますが、最初の初診から比べると肌の色が良くなられました。




漢方薬局「春爛満」では、 子宝相談(不妊相談)、子ども(子供)の漢方、腰痛、関節痛、脊椎管狭窄症、膝痛、神経痛、皮膚病、更年期障害。
さらに愛する犬や猫をはじめとするペットの漢方相談、 そしてお肌の美容相談も行っております。
姫路近辺はもちろん神戸地区からもご相談に来局される方は多いです。
また、煎じ薬を中心とした漢方薬も 取り揃えております。
お気軽にご相談下さい。
詳しい内容は、当店の公式ホームページをご覧下さい。
メールでの相談も24時間受付ております。
ホームページは(クリックしてね)↓↓
漢方薬局「春爛満」
ご相談は(クリックしてね)↓↓
フリーダイヤル 0120-442-566
TEL 0791-52-0363
営業時間:9時〜18時30分
定休日:日曜・祝日・水曜
住所:兵庫県赤穂郡上郡町駅前116

by haruranman2014 | 2019-01-24 21:46 | 皮膚病関連 | Comments(0)
加西市に住む28才男性、体が痛痒く、爪で少し引っ掻くだけでミミズ腫れになる。入浴後や柑橘類を食べた後は皮膚がピリピリと電気が走るような痒みが現れる。病院では慢性蕁麻疹だと言われる。長年アレルギー剤とテルモベート外用を塗っているが、少し痒みが治まるがまた痒くなる。鼻水も出やすく鼻の調子も良くない。胃も強くないのに味の濃いものや油っこいものを好んで食べ、いつも軟便気味。
 
皮膚の土台は食べ物とお話をして、お酒は隔日ごとに変えて頂く。皮膚を強くする漢方、湿を取り除く漢方を処方。初めの2週間はほとんど変化がなかったが、3週間目からピリピリとした痛痒みは減少。4週間目から処方を少し変更しながらカルシウム製材を追加。この頃よりゆっくりテルモベートを減薬、リバウンドなく脱ステロイドに成功して、今は胃腸も強くなり皮膚の痒みも全く現れていません。
 


漢方薬局「春爛満」では、 子宝相談(不妊相談)、子ども(子供)の漢方、腰痛、関節痛、脊椎管狭窄症、膝痛、神経痛、皮膚病、更年期障害。
さらに愛する犬や猫をはじめとするペットの漢方相談、 そしてお肌の美容相談も行っております。
姫路近辺はもちろん神戸地区からもご相談に来局される方は多いです。
また、煎じ薬を中心とした漢方薬も 取り揃えております。
お気軽にご相談下さい。
詳しい内容は、当店の公式ホームページをご覧下さい。
メールでの相談も24時間受付ております。
ホームページは(クリックしてね)↓↓
漢方薬局「春爛満」
ご相談は(クリックしてね)↓↓
フリーダイヤル 0120-442-566
TEL 0791-52-0363
営業時間:9時〜18時30分
定休日:日曜・祝日・水曜
住所:兵庫県赤穂郡上郡町駅前116

by haruranman2014 | 2019-01-24 21:38 | 皮膚病関連 | Comments(0)

尋常性乾癬の改善例1

尋常性乾癬の改善例 1 (62歳 男性)
症状
・少し聞きなれない病気
・「尋常性乾癬」
・公共の場にいけない。気持ちも消極的に・・・
ご来店当初の状態

44才の時に、病院では「脂漏性湿疹」と診断、外用薬を塗っても改善されず、大きな病院で組織検査をして、はじめて「尋常性乾癬」だと判明

漢方薬による治療前





「乾癬」と診断されました。医師からは「命に関わる病気ではない」と言われたものの、とても強い不安になられてました。

外用薬を塗っても塗っても良くならず、新しい湿疹が出ては広がる一方で、今の外用薬では治らない、医療への不信感を募られていた時期の来店でした。

漢方薬服用後 (当店が行った事と症状の改善)



















「治ると効く」この違いをまず理解して頂き、食生活では甘い食べ物ともち米、加工食品を避けるよう注意して頂きました。また「乾癬」で悩まれる方の多くに血糖値の指標であるヘモグロビンエーワンシー(Hba1-c)が高い傾向があり、日課にしている焼酎の晩酌を控えて頂きました。

お薦めしたものは熱を鎮める漢方薬と腸内環境を整え免疫のバランスを正常にする漢方、そして当局お薦めの酵素、3ヶ月位から掻破するだけで新しい湿疹が出来るケブネル現象も無くなり、半年後からは肌の潤い、代謝を高める医療用のプラセンタ製剤に変更しました。プラセンタ製剤が合ったのか、肌の色がとても良くなられました。写真は、1年2ヶ月後のものです。



漢方薬局「春爛満」では、 子宝相談(不妊相談)、子ども(子供)の漢方、腰痛、関節痛、脊椎管狭窄症、膝痛、神経痛、皮膚病、更年期障害。 
さらに愛する犬や猫をはじめとするペットの漢方相談、 そしてお肌の美容相談も行っております。  
姫路近辺はもちろん神戸地区からもご相談に来局される方は多いです。 
また、煎じ薬を中心とした漢方薬も 取り揃えております。 
お気軽にご相談下さい。  
詳しい内容は、当店の公式ホームページをご覧下さい。
メールでの相談も24時間受付ております。  
ホームページは(クリックしてね)↓↓ 
漢方薬局「春爛満」 
ご相談は(クリックしてね)↓↓ 
フリーダイヤル 0120-442-566 
TEL 0791-52-0363 
営業時間:9時〜18時30分 
休日:日曜・祝日・水曜
住所:兵庫県赤穂郡上郡町駅前116

by haruranman2014 | 2018-11-27 19:37 | 皮膚病関連 | Comments(0)