人気ブログランキング |

春爛満からのお知らせ他 徒然に

by haruranman2014

ペットについて考える 犬、猫達と漢方 第四回

ペットについて考える
犬、猫達と漢方

~第四回~

記:満先生

~犬の目線より~


僕たちは動物。
読んで字のごとく「動く物」なんだ。
 
 
最近、ボクら犬の世界ではてんかんが多いらしい。
白目になって泡をふくって!?
 
嫌だ嫌だ、想像もしたくない。
こんな時獣医さんは、心臓に「もっと頑張れ!」とムチを打つ強心剤や、脳の興奮を抑えるバルビツール酸系の薬を出すらしい。
でも使いすぎると、頭がボーとしたり、ヨダレが酷くなったり、足元がおぼつかなくなったりするみたい。
 
それはそれで、想像したくない。
 
実は人間と同じように、ボクら犬も歳を重ねると、中医学で言う「腎」が弱くなるんだ。
腎は、オシッコを作るだけでなく、生殖、成長に関わる臓器で、弱くなると「恐れ」の感情が強くなる。
 
腎が弱くなると、ちょっとしたストレスで「肝の熱」が高くなって、てんかん発作に繋がるって。
例えば、飼い主さんの機嫌が悪かったり、心配症だったり。
 
春爛満の満先生が教えてくれたよ。
てんかん気味の子は、下半身や肉球は冷えているし、毛はパサパサなのに頭は熱い「冷えのぼせ」の状態らしい。
あと、メヤニも気になるって。
ライバルである猫の知覚過敏症も、同じように腎が原因らしい。
 
 
 
人間の世界には、「精神と肉体は一体のもので、一つのものの両面」という意味の「心身一如」という言葉があるって?
ボクらも同じように、心が変わると体も変わるんだよ。
覚えておいてね!
 
 
b0328361_17044568.png

漢方薬局「春爛満」では、 子宝相談(不妊相談)、子ども(子供)の漢方、腰痛、関節痛、脊椎管狭窄症、膝痛、神経痛、皮膚病、更年期障害。
さらに愛する犬や猫をはじめとするペットの漢方相談、 そしてお肌の美容相談も行っております。
姫路近辺はもちろん神戸地区からもご相談に来局される方は多いです。
また、煎じ薬を中心とした漢方薬も 取り揃えております。
お気軽にご相談下さい。
詳しい内容は、当店の公式ホームページをご覧下さい。
メールでの相談も24時間受付ております。
ホームページは(クリックしてね)↓↓
漢方薬局「春爛満」
ご相談は(クリックしてね)↓↓
フリーダイヤル 0120-442-566
TEL 0791-52-0363
営業時間:9時〜18時30分
定休日:日曜・祝日・水曜
住所:兵庫県赤穂郡上郡町駅前116

by haruranman2014 | 2019-07-30 17:03 | 満先生の犬、猫コラム | Comments(0)